産前産後のお母さんを支える全ての医療職者のためのサイト

Mother  Health  Association 

 

 ▶︎ STAFF

産前産後の母親に関わる全ての医療職者のためのサイト

Mother Health
Association

 
 
 
 
 
 
 

▶︎ STAFF

MHAの講師・運営紹介
 
 
 
 MHAでは医師・助産師・理学療法士の 他多くの職種の人間が集まり 運営されています。
講師も幅広く設定することで柔軟かつ効果的なセミナーを開催することを心がけています。
 
MHAの講師・運営紹介
 
 MHAでは医師・助産師・理学療法士の
他多くの職種の人間が集まり
協力して運営されています。
講師も幅広く設定することで
柔軟かつ効果的な セミナーを
開催することを心がけています。
 

MHA 代表

丸尾 伸之

淀川キリスト教病院 産婦人科 部長
 
日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
日本産科婦人科学会専攻医・指導施設 指導責任医
日本周産期・新生児医学会専門医制度暫定指導医
大阪産婦人科医会評議員
日本女性医学学会女性ヘルスケア暫定指導医
日本母体救命システム(J-MELS)ベーシックコース・インストラクター
 
 
あたらしい命を授かるにあたり、多大なる喜びと共に苦しみや不安もあることでしょう。それに加え、妊娠しておなかが大きくなると、腰を中心に様々な痛みを感じやすくなります。症状を和らげマザーヘルスの実現にむけて、様々な視点の専門家の意見を統合します。
 
 
 


MHA 運営責任者
            整形外科部門代表

阿波 康成

淀川キリスト教病院 整形外科 医長
          『産前産後疼痛外来』担当
 
日本整形外科学会 整形外科専門医
骨粗鬆症学会   骨粗鬆症認定医
日本整形外科学会 認定リハビリテーション医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
総合学園JOTアカデミー  講師
 
 
整形外科医が産前産後の母親を診察することはあまり無く、その結果どうすればいいかわからないお母さんが多くおられます。
「治療」は当然なのですが医師である私たちの
行うべき最大のことは「診断」と「鑑別」です。
腰痛1つとっても多くの鑑別疾患が挙げられるため一様に
筋肉、骨格の問題と片付けては大変なトラブルが起きることもあります。
淀川キリスト教病院での「産前産後疼痛外来」では整形外科の視点からマザーヘルスについて診察・治療を行なっており、その知識を共有できればと考えています。
 


助産師部門 代表

高尾 恭子   

淀川キリスト教病院 産科看護課 看護課長


理学療法士部門 代表

中村 治生

理学療法士
東和病院 リハビリテーション科 科長

大阪府理学療法士会 大阪市南ブロック長

理学療法士部門 代表

新谷 礼

理学療法士
江川産婦人科 産前産後ケア外来担当


助産師部門

淺田 祥子   

理学療法士部門

妻鳥   麻未   長村 春奈   山中彩葉    
八木 みさ   

栄養士部門

石井 恵梨  


※ 順不同 

 

全ては母のために

MHA(mother-health-ascciation)は1つの職種に拘らない団体を目指しています。
各職種の良い部分を統合して妊娠中・育児中のお母さんに還元することが大事です。
そういった思いに共感してくれる方であれば参加は基本的に自由ですので、ぜひ一緒に活動していきませんか?

MHAの協力者募集

 

  • MHAは協力して運営してくれる方を募集しています。
  • 興味がある方は問い合わせフォームからご連絡ください。